苦情相談受付
e-mailでの受付
山陽小野田市公式ホームページ

相談支援事業所のぞみ

1.計画相談支援・障害児相談支援

障害福祉サービス等の支給申請者(児)に対して、障害福祉サービス等の内容等を定めたサービス等利用計画又は障害児支援利用計画の作成と一定期間ごとにその利用状況が適切であるか検証し、計画の見直しを行います。


(1)サービス等利用計画又は障害児支援利用計画を作成します

【計画作成までの流れ】

利用者の日常生活全般を支援する観点から、利用者又は障害児の保護者によるサービスの選択に資するよう、地域における指定障害福祉サービス事業者、指定障害児通所支援事業者、指定一般相談支援事業者に加え、地域住民による自発的な活動によるサービス等も含めて、そのサービスの内容、利用料等の情報を適正に提供します。
利用者及びその家族に面接して、利用者の心身の状況、その置かれている環境及び日常生活全般の状況等を確認し、サービス等利用計画又は障害児支援利用計画の原案を作成し、利用者又は障害児の保護者に交付します。
利用者又は障害児の保護者の同意を得た上で、サービス等利用計画又は障害児支援利用計画を完成し、利用者及び福祉サービス等の担当者に交付します。

(2)サービス等利用計画又は障害児支援利用計画のモニタリングを実施します

計画の実施状況の把握及び計画の変更等 作成したサービス等利用計画又は障害児支援利用計画の実施状況を定期的に把握し、必要に応じて計画の変更、関係者との調整を行います。
入所施設等への紹介又は地域生活への移行に係る情報提供 利用者がその居宅において日常生活を営むことが困難となった場合又は利用者が指定障害者支援施設、指定障害児入所施設若しくは精神科病院への入所又は入院を希望する場合は、入所施設等への紹介を行います。また、入所施設等から退所又は退院しようとする利用者又はその家族から依頼があった場合には、居宅における生活へ円滑に移行できるよう援助します。


2.基本相談支援

障害者及びその家族等に対し必要な情報の提供及び障害福祉サービスの利用支援等の援助を行います。



ページのTOPへ